カードローンなどの返済方法というものは、ローン会社の方針によってかなりずれというものがあり多様なやりようが取り入れられています。一般的にはスライド法やリボ法が導入されているみたいです。またかような誰もがわかっているリボルディングでも実際のところ計算様式には多くの手法というものがあります。そして其の形式によって引き落し額が違ってしまうわけですので知ることで損することはないはずです。わかりやすく2つの形式の相違に関して解説します。ひとつは元金均等払い、次は元利均等払いです。これらはその名のとおり、元本について均一に支払っていくという方式と元金と利息についてつごうで一様に払っていく方法です。今回は10万円をカードキャッシングしたというように実際問題としてどういう算定をしていくのかやってみます。利息に関してはどちらも15%と設定して計算します。それとリボルディング払に関しての額は1万円というふうに計算します。とにかく元金均等払いのほうからです。こういう時の最初の支払については1万円に金利分の1250円を加えた支払となります。次回の支払いは1万円に金利分の1125円を足した返済へとなるのです。こういうふうにして総回数10回にて支払を終えるといった形式となります。他方、元利均等払いは最初の引き落しは1万円ですがそこから元金へ8750円、金利へ1250円と言うようにして分配します。2回目の引き落しについては元金が8750円へと減少した状態で利子を勘定して1万円を再び分配します。別言すれば元利均等払いの事例は10回で返済が完了しないという計算になったりします。たったこれだけの差異で両者がどれほど相異なっているかが十分にわかったでしょう。元利均等は元金均等と比肩し、まぎれもなく元本が減るのが緩やかというようなデメリットが存在したりするのです。別言すれば利息といったものをおおく支出すると言う状況になるわけです。一方、1回目の引き落しが小さな額で済んだと言う長所というものも存在するのです。こうした支払い形式のへだたりに応じて、支払いトータルというのは変わってきますからあなたの嗜好に応じた方針を採用するようにしていってください。