店舗等にて使用する時に誰しも思ったことがおありかと察しますがスタッフがわからないことでいったいどの紙をお客さんのもとへ渡すべきか迷う時がある。といいますのも、クレジットカードを処理すると専用端末の方から明細レシートというものが出力されるからで、これらのうちどちらを利用者に渡すべきか迷いやすいというケースがあるのです。数枚の利用明細の正体・・・3枚の明細レシートの正体とはとはどういうものなのかについては、以下の記載の通り。1客へ渡すべき紙。2店舗控えレシート。3カード会社控え紙(署名をするレシート)。普通であれば必ずカード利用者側へ渡す使用明細の方を渡してくれるはずなのですがたまに店舗で保管するレシートをお客さんの方に間違えて渡すということや、記名された側の利用レシートを渡してしまう重大なミスさえも存在するのです。このパターンはバイトの人やあまりクレカが使われるケースの少ない店舗などの会計においてカードを使うとこういった担当者の動揺を垣間見れると思います。いつの日か店舗従業員が違う方のレシートを渡そうとした場面ではやさしく「間違ってますよ」と正してあげて欲しいです。