キャッシングカードを持っているのですが、利子が高いように思い企業へ照会してみましたが、こちらは無担保ですからこの金利ですと言われてしまったのです。担保のないキャッシングカードとはどんなような意味なのでしょう。このような質問にお答えしましょう。担保というものが存するとはどんなような状態に対することを指すのでしょうか。借り入れなどの折利用目的といったようなものが自由になっているカードローンで担保契約をしていないケースというのがたいていであってそういったことを無担保カードキャッシングと呼びます。かえって住宅ローンなどというものは買うものというのが決定しているので、買った物品に抵当などを契約するのです。こういったことが有担保融資などと呼称されます。有担保融資に関する強みというものは引き当てが有る分の金利が低く置かれているという点なのです。じゃローンに担保を契約設定しておいて利子に関して低い水準に設定した方が徳であると思うかもしれませんがついつい支払いできなくなってしまった折は担保対象を取られてしまうといったことになりますから、そんな無謀なことをしたい方というのはいないと思います。実際に担保などを設定できるというフリーローンといったようなものも有りますが、折角ご自分の信用のみで使えてしまうので、わずかな金利に関する差額ぐらいは目をつぶろうというのが一般的だからなのです。あと勤め人のような、収入が安定した方は信用度といったものもありますから、ことさら担保というようなものを入れなくてもクレジットカードを契約する事というのが出来ますが、個人事業者ですと所得といったものが一定してないといったことから、担保の提出などを要求されてしまうときが有るのです。企業といったものはお金を貸したというだけでは収益が上がりません。貸し金回収して初めて収益を上げられるわけですからもっともな要求でしょう。ゆえに無担保であっても借入できる信頼度といったようなものがあるといったことはけっこう大きな値打ちというものがあります。