一般的な初めての方向けの外為のテキストでは、「マイナスになったケースではナンピン買いによって、全体の平均のコストを低くする事が出来る」等書かれていたりしますが、実際はそれは目に見えない危険が待ち受けています。コンブチャクレンズ

まずはじめに、ナンピンのやり方についてとても簡単に記述します。ライザップ 京都

ひとつの例として1ドル100円でドルを買ったとする。クリアネオ 足臭

ドル買いということで円安ドル高になれば利益を得られますが、不幸にして95円まで円高が進んだとします。アルケミー 口コミ

このままの場合ポジションを所有し続けたら、利益がでるためには円高になった分、ドル高に進む必要があります。中学受験ドクター

誰でも、損失は早めに回復したいと願います。レーシック

そこで最初に注文したのと同額の$(ドル)を、95円でエントリーします。KM新宿クリニック

それによって、ポジション全体の平均の買い付け価格は97円50銭まで引き下げることができます。20代 美容

言い換えると、2.50円の幅で円安が進行すればマイナスを回復する事ができます。ライザップ 名駅南店

この流れがナンピンの原理です。レーシック保険

このように、ナンピン買いの手法を理解すると、「ごもっとも」と考えたりするが、マーケットはそう易々と思った通りにはなりません。

そもそも、1ドル95円が底だということなど、誰一人として分かりません。

マーケットがかなり強い円高動向だとしたら95円では下げ止まることなく、さらにドル安に進む確率がある。

ひとつの例として、97円50銭でナンピン買いをした時に1ドル=95円までドル安になったとしたら、ナンピン買いを入れた分についても、為替差損が生じることになってしまうのである。

こういう状態では最初にエントリーしたドルと合計でダブルで差損を被ることになる。

この通り、ナンピン買いは厄介です。

であるなら、為替があなたの脚本とは別の方向にすぐに向ってしまった場合どんなやり方でリスクをコントロールすればいいのでしょうか。

こういう時には選択する方法は限られています。

まずはじめは潔く、損失を確定する事です。

ふたつめは、現在、自分が所持している買いポジションを少なくする事によって再度マーケットが元のようになるのをひたすら待つ事です。

相当受動的な手段だとおっしゃる方もいると思います。

しかし、自分の持っている買いポジションに差損が生まれた時一番効果のある手段はこれ以外には考えられません。

勿論、理論としては、ナンピン買いをするという術もあると思います。

けれどもナンピンは自分自身が損をしているのに買いポジションを減らすどころか、それとは反対にポジションを積み増していく考え方です。

この対策では、危険性を削減することなど、どこをどうやっても可能ではないと考えたほうがいいです。

ナンピン買いを続ければいつかは損を取り返せるかもしれません。

しかし、それより先に投資資金が足りなくなってしまいます。



  • 松山市 レストラン モルゲンビア
  • クレジットカード現金化
  • ライザップ 新宿
  • ヒゲ脱毛
  • ゼロファクター 口コミ
  • イントラレーシック 肌ナチュール ネイルサプライ